海外と日本の星空の違い

画像参照:Dennis Stauffer

星はとても神秘的なものです。その星が沢山瞬く姿は誰しも見たら心の洗われ清らかな景色になってしまうのではないでしょうか。 そんな星空ですが、日本と海外では見え方が大分異なってきます。 日本は決して大きな国ではありません。 しかし世界の中でも数少ない先進国に入ります。その為、狭い土地の中でも光を灯して日々活動している場所が多くある為に、田舎に行くと綺麗な星空を見る事ができますが、都心部は街や生活の光がともされており、とても明るいのでなかなか星自体を探す事が難しくなってしまっています。 また、その都心部では皆空を見上げるという事をなかなかしなくなり、星というものが遠い存在になりつつあります。 田舎に行けば夜は明かりも少ないので辺りが真っ暗になるので星は沢山見る事ができます。すぐそこに降り注いでくるという表現をしてもいい位の星を見る事ができるでしょう。 その一方で海外の星は、日本とはまた違うロマンチックさがあります。海外はまず海と空気が日本よりも綺麗な場所が多いです。空気が綺麗だとそれだけで星の見え方も変わってきます。手付かずの自然も日本よりも多く魅力的な場所が多く残されています。気候も四季折々という季節ではないのでそれも関係しているのかもしれませんね。 また暖かい場所と寒い場所での星の見え方も全然変わってきます。とても寒い場所では、星と同時にオーロラが見えたりと天体ショーが派手に繰り広げられています。暖かい場所は、夜でも暖かいのでおだやかな気候の中での星達を眺める事ができます。空の色も日本とは違って鮮やかな色が多いのも特徴です。同じ地球なのにこうも違うのかと思うと、いろいろな国の空を見たくなりますね。 海外の人達は、日本の空や星の事をどう思っているのでしょうか。日本には四季という特徴的な気候があります。その季節ごとに色々なものの見え方が違うので、そこに魅力を感じてくれているのかもしれません。近年は温暖化の影響もあって四季がしっかりしていない時もありますが、それでも四季というのは日本の魅力の一つです。その季節で星の見え方も変わってきます。特に外人さんに人気の富士山をバックにした空は注目されます。富士山から見える星は別格でしょう。夜は明かりもないのでより近い位置で星を眺める事ができるでしょう。 このように、日本と外国では空や星の見え方が違うという事を踏まえて旅行などに行った時に空を眺めてみて下さい。